Start up!アグリセミナー(ハーブ編)を行いました!

アグリセミナー「ハーブで香りと健康を育てる」を実施しました。

本年度2回目のアグリセミナーのテーマは「ハーブ」。

生活を豊かにするハーブ栽培に興味のある多くの方に参加いただきました!

1日目 ハーブ体験ツアー(小林市)

小林市で家族経営で無農薬でハーブを栽培し、加工を行う「おくむらハーブガーデン」の見学。

その場でちぎったハーブを匂ったり、味わったりして五感でその違いについて学んでいきます。

午後からは、薬草・地域作物センターで施設見学と薬草の講義を受講し、ハーブウォーターを作る工程を学びました。

ハーブ、薬草に関する新しい知識を学んでいただき、農業としてどのように取り組んでいけばよいか考えるきっかけになったのではないかと思います。

2日目 農業の支援制度と町内の取り組みを学ぶ

農業の現状と就農支援制度を学び、三股町内で栽培されているゴマの栽培と加工施設見学です。

株式会社しも農園の下石さんより栽培、加工について詳しく説明を受け、国内でも貴重な国産ゴマが大切に育てられている様子を見学。

手間のかかる作業に皆さん驚かれ、国産ゴマの希少性をあらためて実感された様子でした。

最終日 ハーブの魅力を学ぶ

最終日は南九州大学の牧田講師より、ハーブの魅力についての講義。その後、実際に加工品づくりとしてハーブソルトを作りました。

3日間にかけて「ハーブ」について、農業の視点からその可能性を考えるセミナー。

ハーブの持つ魅力を引き出すためには、栽培だけではなく加工の重要性について実感していただけたのではないかと思います。

参加いただきました皆さん、ありがとうございました!